申し訳ございませんが、このページはJavaScriptを有効にしてご利用下さい。

iPhone + リュード折り畳みキーボード or Macbook Air

リュードの折りたたみキーボドとiPhoneの組み合わせはノマドワーカーの必需品

iPhoneでいつでも仕事をできるようにリュードの折りたたみ式Bluetoothキーボードを買おとヨドバシカメラに行ってきた。子供の送り迎えとかで、車の中で待ってる時間とがちょっと増えてきて、その3分とかくらいのちょっとした時間に何も仕事ができないのがすごくストレスに感じていた。ソフトウェアキーボードでも、フリック入力するとそれなりのスピードは出るけど、やっぱり物理的にキーボードがある方が多分数倍くらい速いとおもう。

iPhoneケースがスタンドにもなるものがあるらしく、それとリュードのキ折りたたみ式キーボードがあればどこでもインターネットに繋いで仕事ができる。Googleドライブのドキュメントとかスプレッドシートを使えばどこでも続きから再開できて便利な事この上ない。クラウドとモバイルインターネットの影響力はこれからソフトウェアが進化して行く事で、またまだ計り知れないくらいの影響力が出てくるはず。

ただ、少なくとも現時点で言えば、今の話はあくまで理想論で、やっぱりまだまだパソコンを開いた方が作業効率は高い。特にMacbook Airの11インチを持ってれば、iPadを持ってるのとモバイビリティは変わらない。ということで、冷静に判断してMacbook Airの11インチを買うことがベストな選択だという結論になった。また、実際に使って見ての感想は書きます。

WebデザイナーやWebプログラマーは、まだまだこれからも稼げる仕事だし、Macは必需品だよね。